自筆証言遺言の注意点

自筆証遺言書を作成したいとお考えになられている方、または今度そういった機会がある方はとても多いのではないでしょうか。しかし気をつけたいのが、自筆証遺言書は無効になってしまうケースも多いという事です。自筆証遺言書を作成する際にはどのようなところに注意をしたら良いのか、これからわかりやすく説明をしていきたいと思います。

まず自筆証遺言書は全て自筆で書かないといけません。代筆であったり録音、パソコンでの作成は認められませんので注意をしましょう。最近は特にパソコンやワープロなどで作成をして無効になる遺言書も多いので、この点はしっかりと覚えておくようになさってください。

次に、自筆証遺言書は日付というのもとても大切になります。例えばよくあるものとしては、吉日と書いて無効になってしまうケースがあります。吉日では正確な日付がわかりませんので、しっかりと年月日を記載するようになさってください。その他にも遺言書の内容を訂正する際には、複雑な規定にそって削除や加筆などを行わないといけません。ここでミスをしてしまっても無効になりますので、その場合には最初から書き直しをした方が失敗のリスクは少ないと覚えておきましょう。